整形外科のクリニックの特徴は、治療部位となる範囲が広いため覚える事が多い診療科であることです。そのため科目経験のある看護師の方であれば、身に付けたスキルを活かすことができます。
また新生児~高齢者まで患者の年齢層の範囲も広いので様々な年代とのコミュニケーションを取れる能力が必要となります。

 

そうしたことから整形外科のクリニックは未経験だと大変な感じがしますが、整形外科は患者の回復が目に見えてわかりやすいので、仕事にやりがいを感じやすいという魅力があります。また入院施設のないクリニックだと、怪我の治療やリハビリが多く、生死に関わる患者に対応することがほとんどないという特徴があります。

 

そうしたこともあり、整形外科のクリニックは専門性が高く、覚えることが多く、比較的忙しいい診療科ではありますが、未経験で入職する看護師も多いようです。

クリニックで働く人

内科のクリニックの特徴は、看護師の主な業務がバイタルチェックや採血医師の指示に応じての投薬診療介助などで、しかもルーティン業務も多いため、比較的忙しくなく働けるということです。

 

また内科のクリニックは残業になることも比較的少ないという特徴もあります。そうしたことから、落ち着いた看護をしたいという看護師の方やルーティンな作業が嫌ではないという看護師の方に向いていると言えます。また内科のクリニックは未経験からでも勤務が始めやすいと言っていいでしょう。

 

ですが仕事に必要となるのが基本的な看護師スキルのみなので、様々な専門スキルを身に付けてスキルアップしていきたいという方や、忙しい職場の方がやりがいを感じるという方にはあまり向いていないといっていいでしょう。

クリニックで働く人

皮膚科のクリニックでの看護師の業務は、処置が必要な部位に薬を塗ったり、医師が患者の診察しやすいように患者の体位を変えたりするなどの診察や治療のサポートが主な業務になります。
皮膚科のクリニックはあまり残業になることもありませんし、日々の業務もそれほど忙しくはありません。

 

また、命に関わる患者がほとんどいないのに、気持ち的に楽に働けます。
ただ、夏の期間は水虫や山で海での皮膚炎が多発しやすいので、患者が増え、残業が発生する場合があります。

 

また水虫やダニなどによる患者の皮膚疾患に感染してしまう可能性が高いことや、院内感染を防ぐために診察室や待合室、患者に触れた器具などの衛生管理を徹底しないといけない大変さがあります。

クリニックで働く人

クリニックの中でも眼科のクリニックは、専門性が高いクリニックです。
そのため眼科のクリニックでの勤務を希望するのであれば、一般的な看護スキルとは異なる専門的なスキルを身に付ける必要や特殊な機械の操作を覚える必要があります。
その一方で通常の看護処置についてはあまり行われないケースが多いので、眼科未経験だと勤務ができないクリニックもあります。
また眼科のクリニックから、ほかの診療科のクリニックや病院に転職した場合、ですが眼科での勤務経験があれば、一般的な看護技術が低下しないよう努力していないと困ることがあるかもしれません。
眼科は患者一人の診療時間が長くなりやすい診療科のため、看護師の業務は比較的忙しいですが、眼科のクリニックの多くが予約制をとっているので残業になることは少ないようです。

クリニック看護師の主な業務の画像

耳鼻科では内科的治療だけでなく外科的治療なども多いので、耳鼻科のクリニックでの勤務には内科の看護スキルだけでなく外科の看護スキルが必要になります。
また診療や検査で使う専門機器も多いの特徴で、それらの機器を扱えるようになる必要があります。
ただ難しい病気への対応を行っている病院の耳鼻科であれば、看護師にも高度な知識やスキルが求められますが、耳鼻科のクリニックであれば、働きながら仕事を覚えることも難しくありません。
それと耳鼻科は子供の患者が多いので、小児科での勤務経験があると、経験が役立つこともあります。

 

仕事は比較的忙しい診療科で、とくに春先などの花粉症の季節やインフルエンザや風邪の増える冬場に一気に患者が増えて、普段は残業がなくても残業が発生しやすくなります。

クリニックの種類
トップに戻る